多汗症の特徴と治療方法

多汗症の治療を考える場合は、その特徴に合った方法を選びましょう。もちろん医師の診断およびアドバイスに従うべきです。変な思い込みがあると、完治しませんよ。そもそも多汗症と思い込んでいるだけかもしれませんから。

心理療法があります

iulif
多汗症にも様々なタイプがありますが、多くは心理的ストレスなどから発症する事例です。この場合には、心療内科での心理療法がお奨めです。
カウンセリングをするだけで症状が改善することも多いようです。そもそも本当に多汗症なのか、思春期などでは思い込みの患者さんもみられます。
緊張性の多汗症であれば、ちょっとした気持ちの持ち方次第で解消されるケースが少なくありません。そういう意味でも早めに専門家と相談すべきです。

薬物療法があります

多汗症治療における第一選択は、皮膚科における薬物療法です。具体的には塩化アルミニウム製剤を患部に塗布します。これが汗の出を抑えてくれます。
手足の場合には薬剤が剥れやすいので、塗布後に手袋や靴下を履いて保護します。これは密閉療法と呼ばれます。
なお厳密な薬物療法ではありませんが、水道水で患部を濡らし、電流を流すことにより汗腺にダメージを与えるイオントフォレーシスと呼ばれる手法もあります。
これらの方法により多くの患者さんが改善されているようですが、同時に内服薬、神経ブロック、レーザー療法などの併用も推奨されています。

ボトックス注射があります

薬物療法で効果が認められない場合には、ボトックス注射が行われます。患部に対する筋肉注射です。ただし健康保険で認められているのは、原因がわからない腋汗のみです。
美容クリニックを含めて、健康保険を使わない治療であれば、手汗や足の裏、全身に対する多汗症についてもボトックス注射をすることが可能です。しかし腋汗ほどの有効性や確実性は証明されていません。
ボトックス自体は医薬品ではありますが猛毒です。医師であっても専門の講習を受けた人にしか扱いが許されていません。信頼できるクリニックを選びましょう。一部には未承認の安い薬を用いる施設があります。こちらも気をつけましょう。

外科手術があります

ボトックス注射でも有効性が得られない場合には、形成外科や美容外科などにおける外科手術があります。内視鏡的胸部神経遮断術(ETS)と呼ばれています。簡単に言えば発汗に関与する神経を切ってしまう方法です。
ETSは手汗に対して有効と考えられています。しかし代償性発汗という現象があります。つまり手術をしても汗が出る量は変わりません。ある汗腺が遮断されれば、別の汗腺から出る!そういう仕組みです。対症療法に過ぎず多汗症自体は根本的に治りません。

自宅でできる解消法もありますよ

専門家の指導を受けるべきですが、自宅でできる多汗症対策もあります。第一には市販の制汗剤を使う方法です。とはいえ一時的な処置であり、根本的な治療ではありません。長期使用に際しては注意しましょう。
クリニックの処方薬が怖いなら、漢方薬もあります。例えば黄連解毒湯や柴胡桂枝乾姜湯は自律神経の乱れを整えます。防已黄耆湯は体内の水分調整をします。さらに桂枝加黄耆湯は交感神経を鎮めてくれます。
サプリメントを利用することもできます。タウリンやイソフラボン、カリウム、そしてビタミンCなどが多汗症に効果的との指摘があります。これらの成分を食事から摂取できればベストです。
適度な運動をして肥満症を解消する。規則正しい生活をする。また汗を出やすい体質にしておくと、逆に多汗症が改善するパターンも稀ではありません。

試してみましょう

多汗症に関しては、独りで悩まず専門家と相談すべきです。推奨されたことは素直に試してみましょう。疑う心をなくすことが、完治への近道です。
■多汗症に悩んだときは美容皮膚科で治療を受けましょう!
多汗症病院 http://www.hiroo-prime.com/menu/menu/sweating.php

新着情報

◆2016/03/28
多汗症の特徴と治療方法の情報を更新しました。
◆2016/03/28
基礎疾患がある多汗症なら、持病の治療を優先しましょうの情報を更新しました。
◆2016/03/28
多汗症を自分で治す方法はあるのでしょうかの情報を更新しました。
◆2016/03/25
会社概要の情報を更新しました。
◆2016/03/25
重度の多汗症なら、外科手術という方法もありますよの情報を更新しました。